ラグビー

ジェイミージョセフ監督の評価や現役時代の経歴がヤバイ?選考理由も!

ラグビーワールドカップが日本で開催されることが決定し、盛り上がりをみせていますね!

新ヘッドコーチに就任したジェイミージョセフ監督にも注目が集まっています。

2016年9月から、ワールドカップが終わる2019年12月末までの契約期間で、日本代表のヘッドコーチに就任しているんです!

日本の文化や日本のラグビーの素晴らしさを理解し、さらに日本のラグビーを前進させてくれると期待します。

そんなジェイミージョセフ監督の評価や、現役時代の経歴等についてご紹介します!

スポンサーリンク

ジェイミージョセフ監督の現役時代の経歴は?

ジェイミー・ジョセフ(Jamie Joseph)

 フルネームは James Whitinui Joseph

・1969年11月21日生まれ 

・年齢 49歳(2019年9月現在)

・ニュージーランド・マールボロ出身

・身長:196㎝ 体重:105㎏

出身はニュージーランドのマールボロ。

オタゴ大学卒業後は、ニュージーランド代表として活躍しました。

現役時代は、フランカーとしてプレーしていたとのこと。

恵まれた体格で、スクラムから真っ先に飛び出して相手にプレッシャーをかけたり、 激しいタックルで相手のボールを奪い取るのが上手い選手でした。

1995年のラグビーワールドカップでは、チームを準優勝に導いたメンバーだったんです。

日本の社会人リーグのサニックスに所属し、1999年のワールドカップでは日本代表として出場していました!

自らも日本代表として戦った経験を持つジェイミージョセフ監督に、期待が高まりますね!

ジェイミージョセフ監督の評価は?

現役引退後は指導者としてラグビーに関わり、2011年からスーパーラグビーハイランダーズのヘッドコーチに就任しています。

以前、ハイランダーズは3年間で10勝しかしていない下位チームでした。

でもジェイミージョセフ監督が就任した1年目に8勝し、翌年の2012年には9勝するまでのチームに急成長したんです!

2014年には、プレーオフに進出することができるほどになりました。

そしてついに2015年、ハイランダーズは優勝を勝ち取ります!

この経緯がジェイミージョセフ監督の指揮官としての評価につながっています。

ハイランダーズでプレーしていた田中史朗選手は、ジェイミージョセフ監督のことを、

皆と一緒になって楽しい話をすることもあれば、ボスらしい威圧感もある

と話しています。

人懐っこく接する所と、指導者としての線引きが上手くできているんでしょうね!

個々の役割がきっちり決まっていて、具体的な指導だったようです^^

技術面だけではなく、プレーに気持ちが入っていないと注意を受けることもあるそうで、
気持ちを大事にする日本人に合っているのではないか、と分析していました。

田中史朗の結婚した妻【嫁】や子供の画像はある?身長や年俸は?2019年日本で開催されるワールドカップが近づき、ラグビー会が盛り上がって来ています。 テレビで日本代表の選手を見る機会も多いです...
スポンサーリンク

ジェイミージョセフ監督の選考理由は?

ジョセフヘッドコーチの選考理由について薫田真広強化委員長は、下記の三点をあげています。

・日本をよく理解していること

・世界のラグビー界でのネットワークの広さ

・対話重視の指導者であること

1つ目の「日本をよく理解していること」については、ジョセフ監督自身が日本で生活していたこともあり、日本の文化に慣れ親しんでいます

日本が好きで、日本語を覚えコミュニケーションツールとして使う勉強家なんです。

2つ目にあげた「世界のラグビー界でのネットワークの広さ」では、ニュージーランドや日本のラグビーを経験していること。

また、現役選手としてプレーした経験と、指導者としての実績があり、それに伴う人脈もそのひとつと言えますね。

3つ目の「対話重視の指導者であること」については、

ジョセフヘッドコーチは選手の話をよく聞き、チームをひとつにすることが得意で、試合後に飲み会やバーベキューを企画することもあったとか。

どんな環境でもすぐに溶け込み、周りの人とも仲良くなり打ち解けるんだそう。

日本代表の選手たちにも気さくに話しかけ、いつの間にか親身に相談に乗ってくれる兄貴のような存在になっていくのではないでしょうか。

五郎丸歩は今現在何してる?2019年ラグビーW杯日本代表落ちはなぜ?ラグビーワールドカップで一気にラグビーの認知度を押し上げた五郎丸選手。 流行語大賞を受賞した五郎丸ポーズは ”ルーティーン” とい...

ジェイミージョセフ監督の日本語力は?

ラグビー日本代表ヘッドコーチ就任記者会見の冒頭で、

『こんにちは、みなさん、ジョセフでございます。』

と流暢な日本語で話し始めました。

というのも、1999年から2002年までは福岡のサニックス(現・宗像サニックスブルース)でプレーし、ラグビーワールドカップの日本代表として出場している実績の持ち主です。

記者会見で話した日本語は、日本でプレーしたサニックス時代に地元の居酒屋などに通って覚えたものなんですって!

居酒屋でファンの方たちとも一緒にお酒を飲み、気取らず自然体で接しているそうですよ。

そう聞くと、急に身近な存在に感じますね^^

簡単な日本語なら話すことが出来るとのこと。

これなら外国人ヘッドコーチによくある言葉の壁は少なくてすみそうですね。

 

日本がラグビー大国のニュージーランドより勝っている部分を伸ばし、強豪国と互角に戦えるチームを作ってくれると期待します!

2019年9月、日本で開催されるラグビーワールドカップで選手以上に大暴れしてくれることを期待しましょう!

ラグビーワールドカップ2019全試合を見るならJスポーツ!登録方法を図解!ラグビーワールドカップ2019日本大会は、9月20日から11月2日の日程で開催されます。 本大会の放送は、NHK、日本テレビ、J ...
スポンサーリンク