ココアパウダーがないときは調整ミルクココアで代用できる?

お菓子作りをする時って色々材料を揃えなければいけませんね。

子供と一緒にココアクッキーを作ろうと思ったら、材料にココアパウダー(純ココア)とありました。

でも家には飲む時のために買っておいた、砂糖が入ったミルクココアしかありません。

ミルクココアがココアパウダーの代わりになるかどうかを、お菓子作りが得意な友人に聞いてみました。

答えは、「ココアクッキーだったら、ミルクココアで代用OK!」でした。

使うときの注意点を教えてもらったので、ご紹介しますね。

スポンサーリンク

ココアパウダーと調整ココアの成分

 

ココアパウダーの原材料は、ココアパウダーのみです。

一方、調整ココアの原材料は、砂糖・ココアパウダー・ぶどう糖・脱脂粉乳等です。

原材料は多い順に書かれていますので、調整ココアはココアパウダーよりも砂糖が一番多く含ませているのが分かります。

ココアパウダーは砂糖や他のもが含まれていない苦味のあるもので、調整ココアはそのまま飲めるように初めから砂糖などが含まれているココアになります。

https://kurashi-hinto.com/cocoa-tigai-1527

ココアパウダーを調整ココアで代用するには

 

調整ココアの分量を3倍にして、増えた分の砂糖を減らします。

 

○レシピが ココアパウダー10g、砂糖40gの場合○

調整ココアを30g、砂糖20gにします。

そのほかの材料は、そのままの分量で作ります。

スポンサーリンク

味や風味・見た目は?

ココアクッキーはちゃんとチョコレート色になりますし、美味しく出来ますよ。

風味は劣るかもしれませんが、食べくらべなければ気にならないと思います。

ただ、ココアの風味を全面に感じるチョコレートケーキやガトーショコラ、生チョコ等はココアパウダーを使ったほうがいいようです。

お菓子作り初心者だったら、まずは代用ココアで作ってみて上手く出来たらココアパウダーを買って挑戦するのもいいのではないでしょうか。

代用品で手軽にお菓子作りを

今回はお菓子作りが得意な友人に教えてもらったことをご紹介しました。

友人は「まずは家にあるものでパパッと作って食べてみたら?それで美味しかったらそれでいいし、もっと美味しくと思ったら次は材料を用意すればいいよ。」と、アドバイスしてくれました。

実際、子供は喜んで食べてましたし、夫も美味しいと言って何枚も食べてました!

あなたも代用品でお菓子作りがうまくいくといいですね。

スポンサーリンク