ピザ生地を前日に作る保存方法 どの段階で冷蔵庫に入れるの?

みなさんは手作りピザに挑戦したことはありますか?

自宅に友人家族を招くときは、大人数で食べられるし、大人にも子供にも人気なので、ホームパーティーにはぴったりです。

けど、ピザを作るのってけっこう大変ですよね。生地をこねて、ねかせて、伸ばして、トッピングして…当日、一から作るのは時間がかかります。

もし、前日に生地を作っておけたら、当日は楽なのかも・・・!

けど、焼くまでどう保存しておけばいいのかな?

今回はピザ生地を前日作って保存しておく方法を調べてみました。

 

スポンサーリンク

ピザ生地を前日までに作って保存する方法

ピザ生地は前日に作っておくことができます!

作ったピザ生地は常温で発酵をさせてから焼きますが、実は発酵は冷蔵庫でもすることができます!

冷蔵庫で保存する方法

ボウルに丸めた生地を入れ、かたく絞った濡れふきんを生地にかけます。

ラップをして、冷蔵庫で保存。

当日、使用するときは使う分だけ生地を取り出し、あとは伸ばしてトッピングをして焼くだけです!

 

生地は冷蔵庫で3日ほど保存ができますが、発酵が進むにつれ酸味が増し、生地の味が変わるので注意が必要です!

2~3日以上使わない場合は、冷凍保存も可能です!

冷凍保存する方法

生地を1次発酵させ、その後ガス抜きをします。

生地を再び丸め、ラップにオリーブ油を薄く塗り、そこに生地を空気が入らないようにぴったり包みます。

そのまま冷凍庫へ入れます!

使用するときは自然解凍してください。

電子レンジで解凍すると解凍ムラがでて焼き上がりに影響するので、自然解凍がベストですよ。

 

時間があるときに冷蔵や冷凍で保存しておけば、使いたいときにすぐ使うことができるので便利ですね!

ピザ生地の基本レシピ

基本的なピザ生地のレシピと、前日・当日の工程をまとめました。

 

〈材料〉

・強力粉250g

・薄力粉50g

・塩3g

・ドライイースト5g

・オリーブオイル大さじ1

・ぬるま湯150g

・お好みのトッピング

 

〈作り方〉

前日に準備しておくこと

①大きめのボウルにふるった強力粉、薄力粉を合わせて入れたところへ塩、ドライイーストを入れて軽く混ぜ合わせる

②オリーブオイル、ぬるま湯を入れて軽く混ぜ合わせる

③なじんだら、ボウルについた粉を巻き込むように生地をこねる

④まとまったら、生地の表面がなめらかになるまで打ち付ける

⑤数回打ち付けるたび1回生地を巻き込むようにこね、また数回打ち付ける…を繰り返す

⑥生地を丸く整えたらボウルに入れ、乾燥しないように濡れふきんをかぶせ、ラップをする

⑦冷蔵庫に保存する

 

当日に準備すること

①冷蔵庫でねかせた生地を好みの厚さと大きさに伸ばし、トッピングを乗せる

②200℃に予熱しておいたオーブンで20分~30分焼く

 

前日に準備をしておくことで、当日の工程はたったの2つ!

これなら当日バタバタしたり、お客様を待たせたりすることがなさそうですね!

 

スポンサーリンク

おすすめデザートピザ

いろいろな材料でアレンジ自在!あま~いピザはいかがですか?

 

★バレンタインにおすすめ!チョコレートピザ★

〈材料〉

・チョコレート(ブラックでも、ミルクでも、ホワイトでもOK!)

・マシュマロ

 

〈作り方〉

①伸ばしたピザ生地に、細かく砕いたチョコレートを乗せる

②200℃のオーブンで10分焼く

③みみの部分がこんがり焼けたら一度取り出し、マシュマロを乗せる

④再び200℃のオーブンに入れ、マシュマロがとけて少し焼き色がついたら完成♪

 

★フルーツをたくさん乗せて…フルーツピザ★

〈材料〉

・カスタードクリーム

・お好みのフルーツ(りんご、いちご、バナナ、キウイなど)

 

〈作り方〉

①伸ばしたピザ生地にカスタードを広げる

②200℃のオーブンで15分焼く

③みみの部分がこんがり焼けたら一度取り出し、カットしたフルーツを乗せたら完成♪

 

まとめ

ピザ生地は前日に作って保存しておくことができるので、当日はトッピングをして焼くだけ!

トッピングはみんなでワイワイしながらするのも楽しいかもしれませんね!

焼き立てのおいしい手作りピザをお客様にふるまっちゃいましょう♪

スポンサーリンク